浮気と離婚について

浮気のことを、民法上では不貞行為と言います。法律で不貞行為とは「配偶者のある者が、自由な意志に基づいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」です。

夫婦は、お互いに貞操を守る義務がありますので、不貞行為を行うことはこの義務に反していることになります。故に、浮気は立派な離婚原因になりうるのです。

ただし、裁判では「その不貞行為が婚姻関係を破綻させたかどうか」が厳しく問われます。

すでに婚姻関係が破綻していた後に不貞行為を行った場合や別居後に不貞行為を行った場合は、不貞行為が婚姻関係に直接影響を及ぼしたわけではないので、不貞行為が離婚原因にはなりません。

また、不貞行為を行った側からの離婚請求は原則としてすることは出来ません。お互いが不貞行為を行っており、双方に同じぐらい責任がある場合には離婚が認められます。

また、相手の不貞行為が原因で離婚の状況に追い込まれたのなら、
相手側に慰謝料を請求することが出来ます。

ただし、相手の不貞行為の事実を示す十分な証拠が無ければ慰謝料の請求を認めて貰うことは出来ませんので、愛人と一緒にいる写真や通話の明細書など、証拠になるであろうものはなるべく用意しておくことが大切です。

当離婚相談室では協議離婚や調停離婚、慰謝料、養育費など、離婚に関する様々な問題についてご相談に応じています。

お気軽にお電話やFAX、メールでお問い合わせ下さい。