盗聴器発見

現在、様々なメディアが盗聴について取り上げるほど、盗聴は社会問題になりつつあります。依然として企業への盗聴器の設置も増えつつありますが、最近では特に一般家庭での盗聴による被害が増えているそうです。

しかし、企業に比べて一般家庭では盗聴発見のために行動する人はあまりいないため、ほとんどの盗聴器が撤去されることなく今も設置されたままだと考えられます。

設置場所によっては電池交換などの必要も無しに半永久的に稼動し続けますので、今この時もあなたのプライベートが盗聴されている可能性があるのです。

これ以上盗聴されないためにも、盗聴器があるのなら発見して一刻も早く盗聴器を撤去したところです。ですが、盗聴器は普段では触れることのないような場所に設置されていたり、家具などと一体化していてカモフラージュされていますので発見しにくいですし、
盗聴波も普段の生活の中では視覚的に捉えることはまず出来ません。

盗聴発見用の道具も市販されてはいますが、使い方がよく分からなかったりあまり性能がよくなかったりするので、やはり確実に見つけるためには盗聴器発見専門の業者に依頼された方がいいでしょう。

その専門の業者の中でも特に当社は、従来ならば
対応できなかった種類の盗聴器発見に貢献出来る自信があります。

例えば当社では、ハンディ型の広帯域受信機は勿論、より高性能な据え置き型広帯域受信機など、その他にも様々な盗聴発見用の機材を積極的に導入して盗聴発見調査に臨んでいます。

勿論、折角の優れた機材があっても使いこなせなくては意味がありませんので、当社では実際に盗聴発見の現場で活躍する調査員の訓練・指導にも力を入れております。

それでいて、当社の盗聴器発見の調査では、お値段を他社と比べて同値段以下に抑えています。しかも、盗聴器から盗撮カメラの調査まで、標準の調査料金で調査致します。

盗聴器を発見した時にご請求する発見報酬や、発見後にその場で盗聴器を取り外すために必要な撤去費用、延長したことで、追加料金は発生致しませんので、あとは調査現場(依頼者の家など)までの出張料金を加えれば、それがお支払いいただく総額です。

以前に盗聴発見調査を行ったけれど何も見つからなかった、という方も、見つけきれなかった盗聴器があった可能性や、以前の調査の後で仕掛けられた可能性もあります。

盗聴発見調査はしたけども一つも無かったから大丈夫、とは安心せずに、定期的に盗聴発見調査をすることをお勧めします。

盗聴器発見調査のご相談・料金見積りは無料となっています。
電話やメールからお気軽にお問い合わせいただけます。

盗聴器・盗撮カメラの発見調査技術を、プロが伝授する講座